04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

一緒に

2017年05月19日
その昔、J1のチームを応援していた時期があった。
試合を観戦しようと思ったら、何日も前から予定を立てて、ホテルを予約して少なくとも1泊2日の小旅行。
J発足の時から既にチームの基盤はしっかりしていたので、大きなスタジアムに、練習場に、と環境は抜群。
もちろんマスコットも大活躍していたし、横断幕もあったし。
それはそれで、もちろん楽しかったし、良い思い出ではあるのだけれども。

今、地方のJ2のチームを応援している。
選手たちもこの街に住んでいるんだと思うと、同じ空間を共有している仲間ようで親近感も沸いてくる。
今んとこ経験はないけど、どっかでバッタリ会う事もあるだろう。
朝、急に思いたって試合を観に行こうと思えば、自転車+バスに乗って小1時間。なんて日常的なんだ。

練習場を作って、選手が無駄に怪我しないよう環境を作って、下部組織からも若手がどんどん育って、そうやってチームが出来上がっていく過程を見ていく事ができるのは、幸せな事だと思う。
マスコットの名前をあーだーこーだ言いながら、お酒を飲めるなんて、なんて楽しいんだろう。
いつか、選手全員がオーダーした揃いのスーツでアウェイに遠征できる日まで・・ちょっとずつ、1歩ずつ。

サポーターとして個人でチームに貢献できることなんて・・観客動員のために、地道に広報活動をするくらいしかないんだなぁ。
最初は、スタジアムでのんびりビールを飲みながら、焼きそばを食べる目的でもいいじゃない。
あの雰囲気に触れたら、きっと、また行きたいって思ってくれる人もいるはず。スタジアムに来て欲しいなぁ。

日曜日はホームゲーム。
選手もサポーターも、羽を折られてボロボロに傷ついたけど、立ち上がり、前を向き、歩き出し、飛び立つまでもう少しなんだ。準備は万端。後は、サポーターの熱い声援があれば、きっと大きく羽ばたけるはず!
よし、皆でピカスタに行こう!!日焼けどめを忘れずに
カマタマ備忘録 | コメント(0)

2017シーズン 7つめ

2017年05月15日
vs 東京 0-0

得点シーンとアフターサッカーをメモしておこうと始めた カマタマ備忘録。
なんと!今季 初の無得点。
書くことないやーん、とはならないので、思い出すことをつれづれと。

残念ながら結果はでなかったけど、前線で守備に攻撃にと90分間 走り続けた森川くん。
ヴェルディと言えば俺しかいない。記念すべきJ通算250試合!と果敢にゴールを狙う永田さん。
セットプレーは任せとけ、武田くん・エブちゃん・ヨンジのDF陣。
DFラインにいても、隙あらばシュートを狙って走りこんでくる高木くん。
何かが起こりそうな武田くんのロングスロー。後で映像でみたら、肘にテーピングしてたね。痛めてるんかな?
得点チャンスはいっぱいあったんだなぁ。もうちょっと・・もうちょっとなんだよなぁ。
なんかちょっとした事をきっかけに、爆発しそうなんだけどなぁ。

そして、今回はボランチ出場の岡村さん。
抜群の危機察知能力で守りを固めてました。スライディングで転んだ後、シュートを防ごうと頭から飛び込んだ時はヒヤッとしたけどね。顔面直撃したらどーすんの。結構な至近距離だったよー。

アフターサッカーは、昼酒営業のボテさんへ。
もし背番号付きユニを買うとしたら、で、真剣に悩む私たち。スタジアムに行けば行くほど、皆を好きになっていくから、迷っちゃうよねー。ま、今のところ私は、初志貫徹で、25番だけどね。
カマタマ備忘録 | コメント(0)

番外編 オカムー復活の巻

2017年05月08日
カマタマ観戦初期の頃から応援してる岡村さん。
カマ7では迷わず投票する岡村さん。
手術って聞いた時は、すっごく心配だったけど、約束通り帰ってきてくれました。
てことで、記念すべき復帰戦での岡村さんの姿を記録しておきましょう。

ピッチ内練習に登場した岡村さん。髭がないからか、ちょぴり伸びてふわふわした髪から、幾分やわらかい空気感を感じます。ほっそりしたように見えるなぁ。サラリーマン感ゼロやん。
軽く走った後、2人組になってのパス練習。
ん?岡村さん、ペアがいません!!ひとりぼっちやん!!
(実は相方のキジテツさん、ベンチでなんかゴゾゴゾしてました。)
やむを得ずコーチを相手にパス練習。一通り終わる頃に相方さん合流。本来なら岡村さんがボールを投げるところ、コーチがそのまま対応してるので、することなし。ポツーンて佇む感じが、ちょっと寂しげです。だれか相手したげてー。

いよいよ試合開始。円陣がとけた後、両サイドの武田くん・中島くんを呼び寄せ肩を組む岡村さん。声をかける姿が、頼もしい。この日は選手同士がいつも以上に声を掛け合ってコミュニケーションを取っているように感じたんだよね。
前半を終えて、手首のテーピングをクルクルはずしながら、ロッカーへ。
足の調子はどうなんだろう。
後半、ピッチへ戻る時、コーチとハイタッチ。だけど、右手をかばって左手で。続けて近づいて木島兄とも左手でタッチし、右腕を指差しながら、何か説明しています。なした?痛めたの?平気?

この日のハイライトは なんといっても、後半のあわや追加点を防いだプレイ。キーパーの横をすり抜けたボール。もうダメだーと思ったところへ猛然とダッシュしてきて、ラインぎりぎりで蹴りだし、ゴールネットへ激突。悲鳴が歓声に!
その後、急いでプレイに戻ろうと立ち上がるも、ネットが足に絡まり転ぶ岡村さん。あー膝ガーンてなってるやーん。
この日、何度もリプレイされたこのシーン。転んじゃうとこまで、しっかり流されてたねー。

試合後、インタビューに応じる岡村さん。
90分走りきった疲労感に安心感のようなものもあって、いい顔してます。
インタビューを終えて、メインスタンドに挨拶して、サポーターからの岡村コールに手を振って、ロッカーへ。
っておーい!帰るんかい(笑)
※私はここまでで帰っちゃったんだけど、その後ちゃんとサポーター席にも挨拶してました。

常にムードメーカーで、チームを盛り上げてくれる岡村さん。
本当に帰ってきてくれて、良かった。心強いよ。
カマタマ備忘録 | コメント(0)

2017シーズン 6つめ

2017年05月08日
vs 千葉 1-1

前日に思い立って、当日の朝バスを予約するという急遽の参戦。
だって、待ちにまってた岡村さんが復帰するって耳にしちゃったらねぇ。行くしかないっしょ。
サッカーの試合に1人で行くなんて、ながい観戦歴の中でも初めての試み。
(まー、現地に行けばお仲間がいることが わかってたからなんだけどね。)

勢いに乗っているチームだけど、不思議と負ける気はしなかったんだ。(毎回思ってるけど)
エブちゃんもヨンジもいなくて不安だったけど。
イブスキーは遠目に見ても、やっぱりおっきかったけど。
想像以上に、キーパー前出まくりだったけど。
それでも、前節までの空気を吹き飛ばすような良い雰囲気にスタジアムが包まれてた。

徹也は、一気に調子を取り戻したかのように、奪って、走って、飛び出して。
後半のPK獲得は、前半からの頑張りのご褒美だと思う。キーパーの動きを見て、落ち着いてフワッとゴール右上に。
やっぱりゴールが決まると、一気にテンションがあがるね。
隼斗は、大人になったというか落ち着いてきたというか、熱くなりすぎなくなったなぁ、と。
ボールを持てば、ドリブルにパスにシュートに、何かやってくれる!と期待させつつ、冷静さを忘れていない安心感がある。
高木くんは、走って走って走ってなんとも献身的。そして安定の左足。守備に攻撃に、欠かせない存在だなぁ。

なかなか勝てなくて、悔しい気持ちもいっぱいだけど、まだまだこれから。
一歩ずつでも前に進んでいけばいいんだ、そう思わせてくれる試合でした。

今回の反省会は、報告もかねて、ぼてさんへ。
次々お客さんがやってきて、あ!そっか!世間はGWだった!と思いながら長居しちゃいました。
カマタマ備忘録 | コメント(0)

2017シーズン 5つめ

2017年04月23日
vs 岐阜 1-3

今季ホーム初の敗戦。
負けた時の脱力感半端ない。
↑ ここまで帰りのバスの中で書いて、放置すること数日。
その日は悔しかったり、悲しかったり、いろんな思いがあって、ダイジェストで1点返したとことか見たら、ちょっと泣けてきたけど。
今はもう気持ちもスッキリ前向き!
改めて、得点シーンを記録しておきましょう。

後半、相手がバックパスから前線にだそうとしたところを、木島兄がパスカット。そのままドリブルで持ち込み、DFをかわして、ゴールラインギリギリで折り返したところを、我那覇が頭で合わせてゴール!

試合後は、ブルラテさんでスペイン料理。
アヒージョもお肉もパエリアも安定の美味しさですが、オリーブオイルにレモンを搾ったカレイは、超美味でした!
カマタマ備忘録 | コメント(0)
 | HOME | Next »