07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

北のごとーさん!?

2006年05月25日
仕事中だってのに、また思わずクスッて笑っちゃったよ

お散歩担当の皆様 
ちょっと長いですけど・・・どうぞ!

今日のどうでしょう日記(担当:ヒゲの藤村D)より・・・

さて!先月の雪解けとともにわたくし、運動不足解消、ダイエット効果も期待!ということで、朝のランニングを開始いたしました。
ところが先日、わたくしランニング中に足と腕を負傷いたしました。それもかなりな切り傷と打撲…。

えー、わたくしは毎朝犬を連れてランニングをしております。自分の運動と犬の散歩、一石二鳥で片付けようという魂胆であります。

ところがこの相棒の犬がくせもので、犬好きをもって知られる嬉野先生からも「あいつだけはキライ」と疎んじられ、スタイリスト小松からは「バカ犬」呼ばわり。ずうたいばかりがデカくて愛想なし。家族以外の人間には吠えまくる、かわいげのないヤツでございます。

あの日。いつものようにランニングをしておりますと、いつものようにあいつは、すれ違う小型犬に向かって「ぐわんぐわん!」と威嚇行為を繰り返しておりました。
「バカやろう!早く来い!」
ググッと手綱を引っ張りますが、この日はやけにしつこく引っ張り返す。
「こいつッ!」
手綱を握る力が更に強まりまして、しばしバカ犬との綱引きが続きます。ところが突然、フッとバカ犬の腰がくだけて、あいつはそのまま地ベタにヘタり込んでしまいました。
「おい、どうした!」
慌てて体をさすります。ゼェゼェと息も絶え絶え。どうやら首輪が食い込んで酸欠状態になったようであります。
「ごめんごめん。悪かった。ちょっと休め」
その場に一緒にしゃがみ込んでしばらく休憩。
よく考えたらこいつも7歳。
「そうか、おまえもいいトシになってたんだなぁ…」
しばらくバカ犬の頭をなでながら、わたくし、ちょっと反省をしたのであります。

翌日。犬に胴巻きのベルトを用意して、それに手綱を付けてやりました。
「これでもういくら引っ張っても、酸欠にはならないからな」
お互いいい年をしたおっさん同士、多少のいたわりあいも必要なのであります。

「よし!行こう!」
昨日の後遺症もなく、やつは元気に走り出しました。
「よしよし。今日も走るぞぉー」
おっさんとおっさん犬、ふたり揃って調子よく走り出します。

向こうから小型犬がきゃんきゃん言いながら歩いてまいりました。
「いいか、昨日のことを思い出せよ。絶対引っ張るなよ」
わたくしは相棒にニラミをきかせ、そのまま進路をやや左方向にずらします。
「よし、一気に抜けるぞ」
対向してくる小型犬&おばちゃんを一気にかわそうと、スピードをどんどん上げていきます。
正面からフルスピードで向かってくるやや殺気立った大型犬&おっさんのコンビに恐れをなしたのか、小型犬はきゃんきゃん騒ぐのをやめて、飛び跳ねるように右方向に道をあけました。
「よしよし。おい、向こうは黙ってんだからおまえも手をだすなよ」
相棒の手綱をぐっと握りしめ、そのままトップスピードで小型犬の横を通り抜けました。相棒も昨日の酸欠がよっぽどこたえたのでしょう、小型犬には目もくれず走り抜けます。
「やれやれ・・・」
わたしが安堵して手綱をゆるめた、まさにその一瞬のことでありました。
「きゃん・・・」
必死の形相で走り抜けたおっさんコンビをまるで小バカにするように、その小型犬が一言吠えたのであります。
相棒はピタっと足を止め、次の瞬間、
「ぬぅわにをー!」
とばかり、いきなり方向転換をするとその小型犬目がけて猛然と走り出したのであります。
「うわっ!バカ!やめろ!」
思った時はすでに遅く、わたくしの体は大きくバランスを崩し、胴巻きベルトで自制の効かなくなったバカ犬の強引な動きに引きずられるまま、もんどり打ってゴロゴロゴローッとものすごい勢いで地面を転げまわったのであります。

・・・なにが起きたのか、きょとんとする小型犬&おばちゃんを前に、しかし、わたくしはゆっくりと立ち上がりながら、気丈に言いました。
「大丈夫です」
そして、相棒をギロリとニラみつけ、
「よし。行くぞ」
そう静かに声をかけると、なにごともなかったかのようにランニングを再開したのでありました。
走りながら、ヒザと腕から多量の血が出ているのはわかっていました。わかっていましたが、平然とした顔でそのまま走り続けました。
そうして、おばちゃんから見えない所まで走り切ると、わたくしはその場に倒れこみ、ヒザを押さえて激痛に耐えたのであります。
「痛いッ・・・」
ものすごい激痛であります。
「おい!てめぇ!」
わたくしは激痛に耐えながら、バカ犬の頭を一発張り倒しました。やつは目を伏せて申し訳なさそうな顔をしています。そりゃぁそうです。自分のせいで、おっさんがゴロンゴロンとものすごい勢いで転倒する姿を目の前で見ちまったんだから。
「くそっ…いいか!もうやんなよ!」
「でも…」
バカ犬が顔を上げてわたしに言います。
「でもおれは!あの小せぇダックスフンドが許せなかったんです!あいつ、言ったんですよ!ふん、なにをおっさんが全力で走ってんだって。キモイって・・・」
「バカ野郎!もっと大人になれ。おれたちゃもう、いい年のおっさんなんだよ」
わたくしは、バカ犬に言い聞かせました。
「でもほんと…大丈夫ですか?」
バカ犬が言いながら足をなめてきます。
「あぁ?全然大丈夫じゃねぇよ。大ケガだよ。ある程度強度の打撲だってしたぞ」
「すごかったですもんね。ごろんごろん転げまくりでしたもんね」
「いいおっさんがあんなに転ばないぜ、普通」
「見たことないですもん」
「でも、明日からも走るぞ」
「えぇっ!マジですか」
「おう。距離だって伸ばすぞ。10キロだ」
「うわっ!やめてくださいよ!もういい年なんだから」

・・・ということで、わたくし、ようやく足の傷も癒えたということで、今週からバカ犬とともに毎朝10キロを走っております。後半はバカ犬の方がバテて歩こうとするほどの長距離。
このところのわたくしは、もはやダイエットなどという当初の目的はどうでもよくなり、今やランニング自体が主目的。距離を伸ばし、タイムを縮め、なんなら体力をつけるためにいっぱい食わないと!と、本末転倒な状況に陥っております。

たぶん来年あたり、わたくし寛平ちゃんになります。

ではまた。

どうでしょう | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
南のごとーさんは…
冗談じゃねーよ。
本気で指飛ぶかと思ったぞ(笑)。

ま、夕方に5番アイアンでダフッて
砂利をごとーさんに向けて吹っ飛ばしたことの
報復だとは思うけど・・・。

ヘッド傷だらけで本人も怪我してって、ロクでもない一日だったさ・・・。
あは♪
昨日、どうでしょうの日記を読んだ時に、真っ先にごとーさん父の姿が浮かんだのぉ。
だから、タイトルもいろいろ悩んで「北のごとーさん」にしたのに・・・。
まさか、似たような状況になってるなんてっ!!今朝、日誌を読んでビックリだよ。
1晩たってどうだい?腫れはひいたかい?

管理者のみに表示