2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2008.07.21 (Mon)

夕-ゆう-

2005年の夏、残念ながら観ることができなかった 東京セレソンDXの【再演 夕】
3年振りに再々演されるって事で、行ってまいりましたよ 大阪初日。

長崎にある海の家兼民宿「あいかわ」には地元では「長崎のキングギドラ」と異名をとり恐れられる暴れん坊のヤンキー三兄弟がいた。相川欣弥、元弥、雅弥の3人だ。「あいかわ」の隣りに住む幼なじみの三上 夕は次男坊の元弥「もっちゃん」に恋心をずっと抱いていた・・・。しかし当のもっちゃんはそんな夕の想いをよそに、夕の親友である薫に恋心を抱く。そしてその夕の親友薫は、元弥の親友、塩谷に恋してて・・・。

時が流れ、それぞれが大人になっていく中で、それでも夕はもっちゃんに対する想いをなかなか言葉にできない。そして夕には会社の上司、徳永からのアプローチが・・・。それぞれの想いが交錯する中、思いがけないラストへ・・・。もっちゃんは夕の想いに気付き、それに応えてやれるのか、夕はその想いを言葉にできるのか・・・。


時代背景が昭和、30代~40代くらいの人がちょうど青春時代だった頃の設定なのね。オープニングで流れるBGMなんておニャン子の「真っ赤な自転車」だもんドンピシャ世代としては、小ネタやらセットの小物やら、いろいろ楽しませてもらいました。
物語的には、直球勝負というか、ひねりの無いベタな話なんだけど・・だからこそ芝居っぽくなくて、安心して観られるんだよね。疲れない。ケラケラ笑って、シクシク泣いて。
セレソンが観劇初心者にお薦めだって言われるの、わかる気がする。

舞台が終わったら、役者さんがロビーに出てきてくれるんだけど、今回は、ファン感謝企画って事で 1人1人にお土産を手渡してくれたのね。なんか披露宴の後の新郎新婦みたいに扉のとこにズラッと並んで「今日はありがとうございました。」「こちらこそ、楽しかったですぅ。」みたいな(笑)
宅間さんと永井くんが袖の下(プレゼントのマグカップ)を持ってて、ここはやっぱ宅間さんから・・と思ったんだけど、結局 永井くんから貰っちゃいました(笑)すっごく細かったなぁ、永井くん。テレビでイケメンな人は、実物もやっぱイケメンだわね。
EDIT  |  22:06  |  日々の出来事  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |